医療法人社団 すずき医院

すずき医院|内科、小児科、
在宅医療、ペインクリニック、血管年齢、メタボ

医院について

医院概要

医療機関名 医療法人社団 すずき医院
院長 鈴木 裕二
副院長 和智 行夫
所在地 東京都文京区目白台1-23-7 グリーンヒルズ目白台101
電話番号 03-3941-1590
主な紹介先 順天堂大学医学部付属病院、JCHO東京新宿メディカルセンター、大久保病院、都立大塚病院、都立駒込病院、板橋日大病院、日本大学病院(お茶の水)、東京女子医科大学付属病院、国立国際医療センター、慶応大学病院、JCHO東京山手メディカルセンター、東京健生病院、その他
診療内容 内科・小児科・消化器科・循環器科・麻酔科・ペインクリニック・在宅医療、介護保険・定期健診・各種健康診断・各種予防接種
こちらをクリック
診療時間&アクセス こちらをクリック
当院の特長 こちらをクリック

すずき医院の歴史

すずき医院の歴史

江戸末期
鈴木文嶺(鈴木 資の祖父)江戸城奥御典医に師事。家傳眼薬秘方
(漢方の処方集)、諸病灸点記(鍼灸の解説書)など自筆の書を残す。

明治41年
鈴木 資 東京市小石川区高田老松町(現在の文京区目白台)に
産婦人科医院を開院、初代院長となる。

昭和40年
鈴木秀三(先代院長)内科・産婦人科へ標榜変更。

平成4年
鈴木裕二(現院長)内科・小児科へ標榜変更、間もなく在宅医療を
開始。

平成14年
和智行夫副院長が加わり、ペインクリニックを増設すると共に
在宅医療を拡大。

平成22年
医療法人社団 すずき医院 と社名を変更、現在に至る。

医師・スタッフ紹介

院長 鈴木 裕二(すずき ゆうじ)

院長 鈴木 裕二(すずき ゆうじ)

生い立ち 1949年、東京都文京区出身
最終学歴 日本大学医学部
主な職歴 日本大学医学部附属駿河台病院内科助手
米国ベイラー医科大学消化器科研究員
日本大学医学部付属板橋病院消化器科医長
得意分野 消化器病学、肝臓病学、高齢者医療
好きな言葉 「雨の日は雨の中を、風の日は風の中を」
患者さんへ一言 「病気も修行のうち、あせらずゆっくりと」

副院長 和智 行夫(わち ゆきお)

副院長 和智 行夫(わち ゆきお)

生い立ち 1958年、タイ バンコック生まれ
最終学歴 順天堂大学医学部
主な職歴 順天堂医院附属順天堂大学麻酔学講座助手
都立大塚病院リハビリテーション科医員
浦安市川市民病院麻酔科医員
得意分野 ペインクリニック、循環器病学、高齢者在宅医療
専門医 麻酔標榜医
好きな言葉 「誠心誠意」
患者さんへ一言 「なせば成る、なさねば成らぬ」

看護スタッフ

看護スタッフ

事務スタッフ

事務スタッフ

ページTOPへ

ご予約・お問い合わせ 03-3941-1590

ご予約・お問い合わせ 03-3941-1590