すずき医院|内科、小児科、在宅医療、ペインクリニック、血管年齢、メタボ


すずき医院について 診療時間&アクセス 診療内容 当院の特徴

あなたの血管年齢は?

血管年齢って何?
人間は歳とともに血管の弾力性が低下してもろくなり、内腔が狭くなって詰まりやすくなります。血管の断面を調べると、実際には動脈硬化が起こっているのです。血管年齢とは血管の老化度、つまり動脈硬化が実年齢と比べてどのくらい進んでいるかを表わすものです。

なぜ血管年齢を測るの?
大切な理由があります。肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病を放っておくと、実年齢よりも10歳から20歳以上も血管が老化し、脳梗塞や心筋梗塞などが起こりやすくなるからです。これがメタボリックシンドロームと呼ばれる状態です。しかし現代の医学では、これを早期に察知して予防策を立てることが可能になりました。血管年齢を測ること、つまり動脈硬化の程度を調べることは健康を守る上で非常に大切なのです。

血管年齢を測るには?
現在、病院などで行われている動脈硬化の検査には以下の二通りの方法があります。

1.血圧脈波検査でCAVI(キャビィ)を測る!
血圧脈波検査とは、手足の血圧を同時に測定して分析し、血管の弾力性や血管の詰まり具合を数字で表す簡単な検査です。その中でCAVI(キャビィ)は心臓(Cardio)から足首(Ankle)までの動脈(Vascular)の硬さを反映する指標(Index)として計算されます。この時、動脈硬化が進んでいるほどCAVIの値は高くなり、9.0を超えると約半数が脳動脈や冠動脈に動脈硬化を発症していると判断します。検査は痛みを伴わず、約10分で終わります。

また、ある人のCAVI値と、同じ性別、同年齢の健康な方のCAVI平均値と比べることで、その人の血管年齢がわかります。例えば、50代男性のCAVIの値が9であった場合、左のグラフで見れば血管年齢は60代という判定になります。

日本労働文化協会 血管バイオメカニクス研究会
2.頸動脈エコーで動脈硬化を直接見る!

CAVI検査(血圧脈波検査)が動脈硬化を数字として表わすのに対し、頸動脈エコーは、頸動脈の内部を超音波で直接観察して動脈硬化を診断する検査です。

頸動脈エコーでは、まず.頸動脈の内中膜複合体厚(IMT)を測ります。IMTが1mmを超えると動脈硬化が示唆されます。

IMTが内腔に向けて局所的に盛り上がったものをプラークと呼びます。プラークはコレステロールなどが溜まってできたもので、動脈硬化が進んだ状態と判断されます。このプラークが厚くなると表面に血栓ができ易くなり(アテローム血栓)、脳梗塞や心筋梗塞の原因になると考えられています。その他、総頚動脈径や狭窄部位のVmax(収縮期最高血流速度)などの測定を行って診断の一助とします。

血管が老化していると言われたら?

血管の老化、すなわち動脈硬化を早める原因には様々な要素があり、肥満、運動不足、飲酒習慣、喫煙習慣、糖尿病、高血圧、悪玉コレステロール、ストレスなどが挙げられます。生活習慣改善のポイントは、腹八分を守り、三つの「あ」、即ちアルコール、脂っこい物、甘いものを控え、毎日せっせと歩くことです。

CAVI検査で動脈硬化を指摘された方は、まず高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の管理を十分に行う必要があります。

頸動脈エコーでIMTが1mm以上と言われた方は定期的に経過を追っていく必要があります。また、プラークが見つかったからといってすぐに危険とは言えませんが、プラークが徐々に厚くなっていくようであれば抗血小板薬を服用してアテローム血栓を予防する治療が行われます。また、プラークが血管内腔の半分以上を占めるようになれば、外科的治療やステント留置などの専門治療の適応を考慮します。